柴田淳「十数えて」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 柴田淳 > 十数えて

十数えて

歌手:柴田淳
作詞:柴田淳
作曲:柴田淳


目隠しして 十数えて振り向いて
君の目にするものが 素晴らしい世界であるように

影絵みたいに 心映し出せたなら
君の想いはどんな 姿で現れるのだろう

誰が見えるか 後ろの正面
君を笑顔に出来る人よ
見守るだけの 僕は消えてゆく
君の中から…

忘れそうな ねぇ 誰かが
そう 君のこと ねぇ 想ってる

口を噤んで 何も言わずに過ごした
僕にとって恋でも 君にはなんでもないから

こちらにおいで 手の鳴る方へと
ずっと 君を呼んでいたんだ
通り過ぎてく 君が滲んでく
行かないで…

忘れそうな ねぇ 誰かが
そう 君のこと ねぇ 求めてる

忘れそうな ねぇ 誰かが
そう 君のこと ねぇ 想ってる

アルバム「親愛なる君へ」収録曲


「十数えて」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

柴田淳の人気歌詞

柴田淳の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索 iTunes
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2021 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.