茶太「空の記憶」の歌詞

歌詞検索サイト「歌詞ナビ」
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細検索

ホーム > 茶太 > 空の記憶 歌詞

空の記憶

歌手:茶太
作詞:茶太
作曲:ぺーじゅん


選べないほど大切なものが二つあったんだ
どちらも深く僕の胸に根付いてる

ホントの強さが何かまだよく分からないけど
泣いた数だけ強くなれたらいいのになぁ
何度も何度もこぼれて あぁあぁ

答えを出すのはそんな難しい事じゃなくて
開いた穴の埋め方がわからないだけなの
もしかしたらもう二度と埋まらない?と思うから
何かを捨てることに臆病になってく

変わらないものがあるなど
信じられるほど子供じゃなくて

指絡め交わした言葉に
嘘も偽りもひとつもなかったから
笑顔のままじゃ言えない言葉で
僕の心に刻み付けた
君の影と
今日の空を

言葉にした瞬間にまた迷いが絡み付く
思うとおりにすればいいと君は笑う
どうしてこんなに強く思うことは出来るのに
どうしてずっと傍にいられないんだろう

離れても大丈夫だと
笑えるほどには大人じゃなくて

いつもなら泣くのは君なのに
おぼれそうな程に染まるオレンジの夕焼け
笑顔のままで受け取る言葉は
君の心にそんな空を
どんな僕を
焼きつけたの

変わっても離れていても
積み上げたものは無くならないよと

閉じていた世界が広がる
白く伸びた細い腕で僕の背中押すから
泣き笑いでかっこつかないけれど
今の僕ごと憶えていて

指絡め交わした言葉に
嘘も偽りもひとつもなかったから
いつかきっとも一度会えたとき
君の隣で笑えるよう
途切れた日々が
僕らの距離が
繋がるように

アルバム「空の記憶」収録曲


「空の記憶」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

茶太の人気歌詞

1 太陽「何もかもがいやになる!」
2 たんとんとたん土曜の昼 帰り道の途中で ぽつりつむじにひとつ
3 しゃぼんだま桜並木のほうにふわふわと漂う 七色の丸い玉
4 かえりみち外灯の明かり灯る頃 少し手前のバス停で降りた
5 モノクロ少し冷たい風 雨雲を運んで かすかな影が色を奪った
6 空の記憶選べないほど大切なものが二つあったんだ
7 SKIPあたしを変えたな サマーオブラブが めまぐるしくなる

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索 iTunes
この歌詞をTwitterでつぶやく

最新人気情報

NEWサムシング・ニュー
ジャニーズWEST

♪僕らは最強なんだぜ さあ、進も
NEWムーンライト
ジャニーズWEST

♪手を突っ込めばポケットの中 宇
NEWTomorrow
ジャニーズWEST

♪どこまでも続く人生(みち) パズ
NEWAutomatic
ジャニーズWEST

♪Oh that's right You and me, we
NEWStarlight
WGB(和楽器バンド)

♪そばにある大切さを 気付けない
ホーム新着情報ランキング詳細検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2021 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.