中山美穂「Silent Night」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 中山美穂 > Silent Night 歌詞

「Silent Night」歌詞

歌手:中山美穂
作詞:芹沢類
作曲:中崎英也


夜空を巡る星も 白く砕ける波も
あなたの鼓動聞いていると
目を閉じてても全てが分る
 
背中が砂のように甘く崩れてゆくわ
こんな私がどこにいたの?
誰も知らない あなたのほかには
 
Silent Night
時までとけてしまいそうな夜
Silent Love
心があまり近くてめまいがしそう
もう何もいらない
 
あなたの肩のくぼみ 顔を埋めるたびに
お互いのため創造られたと
確かめるのよ 何度もそっと
 
Silent Night
風さえ頬を染めて過ぎてゆく
Silent Love
静かに抱き合うことは 祈りに似てる
もう何もいらない
 
Silent Night
時までとけてしまいそうな夜
Silent Love
心があまり近くてめまいがしそう
もう何もいらない

アルバム「Ballads I」収録曲


中山美穂の人気ランキング

中山美穂の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.