北出菜奈「Wish in the blood」の歌詞

歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 北出菜奈 > Wish in the blood

Wish in the blood

歌手:北出菜奈
作詞:北出菜奈
作曲:山口寛雄

なめらかな皮膚の下に
膨れあがりゆくような、
違和感を育てながら 始末に困る
…可愛いから

たった一秒戻せぬ世界
現実に跪いて

一目眩を起こす満月の日
それ以上開かないで
貫くとき 光を見たんだ

“真っ赤に滴る涙”

…ほら、何度でも正しく
夜は明けるよ

「普通のいい子だった…」と、
隣人は証言した
パパも、ママも地に塗れ
ニュースの視聴率を上げた

あの子は今日も希望を謳う
真実に唾を吐いて

一目眩を起こす満月の日
ねぇ、僕をいたぶって
喘ぐ声はいばらの道が
広がり続けていても…

ほら、窓辺には女神が
透けているよ

一目眩を起こす満月の日
不器用に泣けたなら、
あの時もし許していたら、
誰かに寄り掛かれたら…

何も知らない身体で
夜は、明けたの?

この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

北出菜奈の人気歌詞

北出菜奈の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.