玉置浩二「Barbarian Dance」の歌詞
歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 玉置浩二 > Barbarian Dance

Barbarian Dance

歌手:玉置浩二
作詞:松井五郎
作曲:玉置浩二・矢萩渉


大地を駈け巡り
裸の風を呼ぶ
カラダのどこかに隠れた
わずかな血が騒ぐ

森が叫んでいる
川が応えている
いのちが交わした言葉が
鼓動に蘇る

生まれた日の太陽が 胸の奥に 印したものを

はっきり感じて しっかり信じて
ほんとが愛なら 取り戻そうか
どうでもいいのか どうならいいのか
ほんとはとっくに わかってるだろう

地図など破り捨て
ひとつの空を見て
誰のものでもない心に
枯れない種を蒔く

汚れた手を翳した その向こうで 星は見ている

なんでもかんでも あってもなくても
勝手でいいなら 砂を噛むか
どうなりたいのか どうされたいのか
ほんとはとっくに わかってる

はっきり感じて しっかり信じて
ほんとが愛なら 取り戻そうか
どうでもいいのか どうならいいのか
ほんとはとっくに わかってるだろう

目と目で語り合い
肌を汗で纏い
ひとつしかないものには
光があるだろう だろう

アルバム「惑星」収録曲
アルバム「玉置浩二 CONCERT TOUR 2007 ☆惑星☆ DISC1」収録曲


「Barbarian Dance」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

玉置浩二の人気歌詞

玉置浩二の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索 iTunes
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.