テゴマス「はじめての朝」の歌詞

歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > テゴマス > はじめての朝

はじめての朝

歌手:テゴマス
作詞:下地悠
作曲:日比野裕史

どうでもいいだろう 終電なんて
このまま今夜は帰れないよ
言い出せない事 気づいてたら
その視線で勇気をくれないか

見えない距離を置き 恥じらいながら歩く
押さえられない苛立ちが 時間をほしがってる

もっと傍にいてほしい あぁ 夜よ明けないで
きらめいて流れる空の下で こんなに願っているよ

呼び出したこと 悔やむくらい
君はイタズラに笑ってみせる
この想い今 映し出せば
絵に描いたように鮮やかだろう

いつか遠い未来 記憶の中で想う
偶然の中の必然 君は永遠に. . .

いっそ時を止めてくれ もぅ どうにでもなれ
染められて優しい風に吹かれて こんなに震えているよ

今にも張り裂けそうな この気持ち受け止めて
間違いじゃないきっと 僕ら出逢えたこと信じて

もっと傍にいてほしい あぁ 夜よ明けないで
きらめいて流れる空の下で こんなに願って. . .

いっそ時を止めてくれ もぅ どうにでもなれ
染められて優しい風に吹かれて こんなに震えているよ

「THE・サンデー」エンディングテーマ


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

テゴマスの人気歌詞

テゴマスの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.