森宮幸子「ひっつき虫」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 森宮幸子 > ひっつき虫 歌詞

「ひっつき虫」歌詞

歌手:森宮幸子
作詞:近藤英子
作曲:徳久広司

酔いつぶれるほど そんなに飲んで
何があったん 打ち明けて
わたしこれでも 女房のつもり
苦労一緒に したいねん
わたしあんたの ひっつき虫や
死ぬまでそばを 離れへん
自分の暖簾(のれん)を 出すのが夢と
いつもあんたは 言うていた
 
幼い頃から 気が合うふたり
白詰草の 髪かざり
いつも編んでは わたしにくれた
そんなやさしさ 好きやった
わたしあんたの ひっつき虫や
気持ちは今も おんなしや
どないな苦労も 夢のためなら
越えてゆくのが 男やろ
 
わたしあんたの ひっつき虫や
死ぬまでそばを 離れへん
あんたの才覚 わたしの器量
そうやふたりの 店持とな

森宮幸子の人気ランキング

1 ひっつき虫酔いつぶれるほど そんなに飲んで 何があったん
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.