上原啓「保津の船頭唄」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 上原啓 > 保津の船頭唄 歌詞

「保津の船頭唄」歌詞

歌手:上原啓
作詞:武部昭男
作曲:武部昭男

保津の川風 舳先(へさき)に受けて
男船頭の 見せ場だぜ
水棹一本 磨いた腕で
渦巻く早瀬 するりと抜けりゃ
胸に飛沫の エー花が咲く

山峡(やま)の緑を 溶かした水が
流れて四里の 保津川下り
トロッコ列車の 汽笛を友に
招く烏帽(えぼし)子岩 横目に眺め
目指すは嵯峨の エー渡月橋

保津の川面に 日差しも映えて
笑顔嬉しい 船旅日和
船底叩く 水音瀬音
乗合客の歓声聞けば
船頭冥利の エー急流(かわ)下り


上原啓の人気ランキング

1 北陸雪の宿冬の越前 飛沫に濡れて 凍る岬の 水仙は 私によく似た
2 保津の船頭唄保津の川風 舳先(へさき)に受けて 男船頭の
この歌詞のURL

リンク用タグ

最新人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2023 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.