堂本光一「追憶の雨」歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 堂本光一 > 追憶の雨

「追憶の雨」歌詞

歌手:堂本光一
作詞:Satomi
作曲:堂本光一


雨音が 窓に打ちつける朝は
目醒めると 頬に残った涙の
ひとすじの痕跡(あと) 胸の何処かで
貴女(あなた)の残像(かげ) ひとりで探し求めた証

忘却(ぼうきゃく)の湖へと沈めた はずなのに…
貴女(あなた)と過ごした日々が
甦るのは 忘れたフリを
繰り返しながら
自分をいつもごまかしたから?

あの日サヨナラを
交わせたなら…きっと
こんなにもやり場のない
痛み知らずに

この胸を撃つ
追憶の雨は
貴女(あなた)を愛している
証だと 今、気付いた

あの日から この傷心(きず)を癒すため
いくつもの 恋をしてきたのだろう
胸の痛みを 繕うように
気付かぬ素振りで
自分をいつもごまかしていた

あの日サヨナラを
最後に言えなかった
貴女(あなた)の胸の叫び
聞こえてたのに…

思い出すたび
追憶の雨は
未だに降り止まない
永遠に降り止まない

この地上(ほし)に 残された人達は
今は亡き 貴女(あなた)と共に生きよう


アルバム「mirror」収録曲


堂本光一の歌詞ランキング

堂本光一の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ
iTunes
amazon検索

最新人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2024 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.