La'cryma Christi「Warm Snow」歌詞

歌詞ナビ
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

ホーム > La'cryma Christi > Warm Snow 歌詞

「Warm Snow」歌詞

歌手:La'cryma Christi
作詞:TAKA
作曲:HIRO・SHUSE

泳いでいた体の芯から
冬の川をくつろぐ一時

コンタクトレンスの三日月が出ている頃
白いサソリが月に染まり輝いてた

向こう岸まで 背に乗せて 連れて行ってよ
目を潤ませてる かぼそい声 泣き出しそう

暗く重い空が割れて 雪がこぼれ始めだす 肩をすくめてた

怯えた目の サソリを乗せて
君を信じ 涙を 信じて

暗く重い空が割れて 雪がこぼれ始めだす 肩をすくめてた
蒼い毒のハーモニカ 骨の中を奏でてゆく

沈んでゆく体の芯から 螺旋描き視界は墜ちゆく
サソリは見てる 頬杖を突いたまま
サソリは泣いた 白い夜に…
There is no warmth any more.
There is no blood any more.
There is no snow any more.
There is no love any more .


アルバム「THE SINGLES + Selection from Live "DECDE"」収録曲


La'cryma Christiの歌詞ランキング

La'cryma Christiの歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ
amazon検索

リアルタイムランキング(0:00更新)

1 田植童謡
2 KISS松下洸平
3 レスポール7ORDER
4 悲しみの底Suara
5 Shining☆Star超新星
すべて見る▶
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2024 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.