松阪ゆうき「あの夏の蜃気楼」歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

ホーム > 松阪ゆうき > あの夏の蜃気楼 歌詞

あの夏の蜃気楼 / 松阪ゆうき
amazon検索

「あの夏の蜃気楼」歌詞

歌手:松阪ゆうき
作詞:友利歩未
作曲:樋口義高

銀色のセスナが 青空に孤を描き
太陽に 解けていくのを
いつまでも 君と見ていた
青空に残った 白い雲の軌跡は
今も尚 消えることはない
果てしない この想い
あの夏の蜃気楼

君が笑うだけで 僕は無敵になれた
その笑顔 守るためなら
なんだって できる気がした
変わらない想いが この胸に蘇る
瞳(め)をとじて 耳を澄ましたら
遠くから 僕を呼ぶ
あの夏の声がした

陽が落ちるまであと どれくらいだろう
もう一度 君に逢いたい
もう二度と 話さないから
いくつもの出逢いと さよならのその果てに
ゆるぎない愛が そこに在る
永遠に 終わらない
あの夏へ翔け出そう


松阪ゆうきの歌詞ランキング

松阪ゆうきの楽曲一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

リアルタイムランキング(12:18更新)

1 紅花の宿水田竜子
2 行き先おと.
3 沓掛時次郎 [歌謡浪曲]坂本冬美
4 切手のないおくりものWANIMA
5 まりと とのさま童謡
すべて見る▶
ホーム新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2024 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.