眉村ちあき「濾過」歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

ホーム > 眉村ちあき > 濾過 歌詞

濾過 / 眉村ちあき
amazon検索

「濾過」歌詞

歌手:眉村ちあき
作詞:眉村ちあき
作曲:眉村ちあき

夏、見回りがこないビルの屋上でくれた缶ビールは苦かった
阿吽の呼吸で警備員から逃げてもう朝だねって家に帰る
最初にもらった綺麗な石

涼しくなってきたからって昼間 芝生で寝っ転がる
仕事のこと考えない時間なんて初めてのことだった
睫毛に乗るくらい軽い石

この世で2人だけが早起きをして電車に乗った
素直にあなたの胸に顔を埋めてみた
磁力が備わってる白い石

これでもかってくらいの愛情表現はできるけど、されると、照れちゃうんです
だからエスコートはしないでね きょどる姿みせられない
甘ったるいビール キューティーな音色の砂利

シャイな二人がキスした夜は
綺麗な蝶が喉を泳ぐ
猫の服が頬擦りしながら
二人は見つめ合うのでしょう

君がくれた全部が私の体蓄積してゆくのです
泥水も賊心な言葉も時間をかけて濾過してゆく
ゆっくり溶かしてゆく


眉村ちあきの歌詞ランキング

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
眉村ちあきの楽曲一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

リアルタイムランキング(19:06更新)

1 海のバラード岩崎宏美
朝の光 木々の恵み 川のせせらぎ...
2 AliveX JAPAN
I'm wandering the town all lig...
3 霊喰い妖精帝國
風が踊る部屋のすみ 静かに鳥籠...
4 神楽坂小金沢昇司
毘沙門天の おみくじを 坂の途中...
5 ゴールド…なんちゃって!キング・クリームソーダ
キンキラキンにゴールドが一番...
すべて見る▶

最新人気歌詞

ホーム新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2024 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.