MYTH & ROID「<Episode of VERDE - Part1>」歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > MYTH & ROID > <Episode of VERDE - Part1>

<Episode of VERDE - Part1> / MYTH & ROID
amazonで買う

「<Episode of VERDE - Part1>」歌詞

歌手:MYTH & ROID
作詞:MYTH & ROID
作曲:MYTH & ROID

街が沈んで、長い年月のあと──。
大地は浮上し、廃墟となった街は再び地上に現れた。
やがて人々が住み着き、街は再び活気を取り戻した。
新たな街の人々は、海底で腐食した人の彫刻を見つけ、
これはこの地の神の像だと考えた。
像を崇める人が増え、やがて、像を神とした信仰が生まれた。
像から導きの声が聞こえるとほらを吹いたものが教祖となり、
彼の組織が街を支配した──。

街に暮らすひとりの少女――彼女は両親と仲睦まじく暮らしていた。
ある日、少女は街はずれで見つけた、ひとつの像に魅入られた。
憧れと憂いを宿し、微笑む少年の像。
像の目を覗き込むと、少女の頭に曖昧なイメージが去来し始めた。
それは、像が宿した過去の記憶と感情――。

その奔流の中で少女は、自分はこの少年の生まれ変わりなのだと悟った。
絵を描きたいという衝動が突如湧き上がり、少女は足早に帰路に着いた。

街の掟では、像の絵を描いてはならなかった。
少女は両親の目を盗んで像の絵を描いた。
ある日、少女が隠していた絵を、両親が見つけた。
両親は少女を密告し、少女は罪に問われた。
少女は神官に問うた。「なぜ像の絵を描いてはいけないのですか」。
神官は答えた。「それが掟だからだ」。
怒り、疑念、情熱――少女の思いを受け止める者はいなかった。
両親でさえも。
少女は街を追放され、街の外に広がる森へ追いやられた。


アルバム「VERDE」収録曲


MYTH & ROIDの歌詞ランキング

MYTH & ROIDの楽曲一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

リアルタイムランキング(21:04更新)

1 よいおへんじ はい童謡
これはだいじな ことですよ 「お...
2 真夏の夜の夢松田聖子×藤井隆
翼広げ空へ 高くはばたいてく あ...
3 嫌いで嫌いで嫌い℃-ute
嫌いで嫌いで嫌いで好きで 大好...
4 KissKiss#ジューロック
darling, I love you, I need yo...
5 HERO-HEROになる時、それは今城戸けんじろ
HERO、ヒーローになる時、それは...
すべて見る▶

最新人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2024 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.