MYTH & ROID「<Episode of VERDE - Part2>」歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > MYTH & ROID > <Episode of VERDE - Part2>

<Episode of VERDE - Part2> / MYTH & ROID
amazonで買う

「<Episode of VERDE - Part2>」歌詞

歌手:MYTH & ROID
作詞:MYTH & ROID
作曲:MYTH & ROID

森には、悪しき影が棲むと言われていた。
入ったが最後、影に惑わされ、生きて森を出ることはできないと。
少女は森を奥へと歩いた。
いつしか、過ぎたはずの風景が、何度も繰り返されていることに気づいた。
お前を逃さないと、森が言うように。
疲労と孤独の中で、少女は自問した──自分は間違っていたのか。
両親や街の人に背いてまで、この情熱を貫くべきだったのか──。

いつのまにか、辺りを完全な暗闇が支配していた。
闇の中では、無数の影が蠢いていた。
少女は足を止めた。少女の前に、ひとつの影が立ち塞がった。
影は言った。
「森は、お前の心だ。恐れと迷いは、やがて絶望となりその命を喰らおう」
少女は知った。進むこと以外、道はないのだと。
故郷も両親も、もう失われたのだと。
悲しみは少女の胸を引き裂き、
しかし、やがて一粒の涙とともに消えていった。
「私は、もう迷わない。何より大切なものは、この情熱だ」
その瞬間、目の前の影が炎に包まれた。
炎は激しさを増して辺りへ広がり、少女を囲う。
少女は死を覚悟し、強く目を閉じた。

目を開くと、辺りには光が満ちていた。
木々は消滅し、草原が広がっていた。
彼方に、見たことのない新しい街が見えた。
手には、置いてきたはずの絵筆が握られていた。
少女はその街へ向かって歩き出した。
草原に、一筋の線を描いて。
まっさらなキャンバスに、自由に絵を描くように。


アルバム「VERDE」収録曲


MYTH & ROIDの歌詞ランキング

MYTH & ROIDの楽曲一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

リアルタイムランキング(18:53更新)

1 貴方の恋人になりたいのです阿部真央
昨日送ったメールの返事はやはり...
2 過去現在未来進行形phatmans after school
将来のことを想像してみよう ど...
3 m・a・z・e倖田來未
さまよえるココロ ドアを探して...
4 Ultra Snazzy Blues鈴木雅之
ずっと探してた俺らしさ 足りな...
5 AMORE MIO北原愛子
AMORE MIO 愛する人よ どうか永...
すべて見る▶

最新人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2024 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.