中島卓偉「月さえ眠る夜に」の歌詞

歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > 中島卓偉 > 月さえ眠る夜に

月さえ眠る夜に

歌手:中島卓偉
作詞:中島卓偉・鈴木祥子
作曲:タカハシアキラ

ためらわず話してよ きっと楽になれるから
ひと晩中かかっても 僕は君のそばにいる

タクシーも見あたらない 眠りにつく日曜日
割れた氷蹴飛ばして 僕は君をふりかえる

いつから無理してまで笑う癖がついたの?
壊れそうな痛みだけをしまい込んで

月さえ眠る夜と君の横顔
そして言葉はもうくたびれて帰る場所をなくしてる
明日が近づいても 黙ったままでも 君の事わかってあげたいんだよ

夜明けまで開いてるカフェ 幸せそうな人たちは
どんな暮らししているのか 僕は黙って考える

人間関係なんて面倒くさいものさ
傷つくのは君がいつも素直だから

月さえ眠る夜とふたりの涙
潤んだ目で見たらビルの明かりが まるでルビーみたいだよ
動き始めた街に 取り残されても あの部屋にふたりで帰ればいい

月さえ眠る夜に
月さえ眠る夜に…

「未来図鑑〜NEXT BREAKER〜」4〜6月度エンディングテーマ
「MUSIC TRACK」5月度オープニングテーマ
アルバム「傘をささない君のために」収録曲


この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

中島卓偉の人気歌詞

中島卓偉の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.