松山優太「天の川」歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 松山優太 > 天の川

天の川 / 松山優太

「天の川」歌詞

歌手:松山優太
作詞:松山優太
作曲:松山優太

僕らの会える日が一年で 今日だけだとしたらさみしいかい?
そう思ってくれるならそれだけで しばらく僕は大丈夫

「神様の許す限り傍にいられますように」と
笹の葉に願いをかけた7月7日

数えきれない キスをちりばめて
ひとつひとつきらめきを帯びてく
誰も知らない 天の川の上
御伽噺を真似る様に
君を抱き寄せる

僕のいないとこで僕のこと 少しは気にかけてくれるかい?
いつか離れる日が来るのかな 声を聴くたびに救われる

七夕の夜の風と光の粒に包まれて
街を見下ろすこの場所が星合いの橋

伝えきれない思いの欠片が
ひとつふたつこぼれて落ちてく
誰も知らない 天の川の上
拾い上げた言葉は全て
君を愛してる

数えきれない キスをちりばめて
ひとつひとつ輝きを増してく
誰も知らない 天の川の上
御伽噺を真似る様に
君を抱き寄せる
そしてぎゅっと抱きしめる


松山優太の歌詞ランキング

この歌詞のURL

リンク用タグ

最新人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2024 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.