UNFAIR RULE「503」歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > UNFAIR RULE > 503

503 / UNFAIR RULE

「503」歌詞

歌手:UNFAIR RULE
作詞:山本珠羽
作曲:山本珠羽

見つけちゃうものと勘づいちゃうこと
気付かないふりは当然できなくて
笑い話にできちゃうよ友達には
顔に出ちゃうな、君からの大丈夫?がやけに多いな
困らせたいわけじゃない
せめて見えないようにしてくれたらいいのに

太陽のない夜に目が覚める
今日も私たちは夜をさまよう
寒い街、好きになってきた
私の知らない思い出が詰まってる街

大切にしたいのも友達でいたいのも
分かったからこれ以上言わないで欲しい
長い月日は変えられないもの
痛いほど理解してるはずなのにな

頭ではのみこんだつもりでいるのに
今日も私は目を瞑れないでいる

太陽のない夜に目が覚める
今日も1人私は夜をさまよう
寒い街、まだちゃんと知れていなかった
さわがしい街と人に会いに行く

汚い靴とまっしろい雪じゃ釣り合わなくて
私の嘘と本音みたいだ
嘘でもいいから私を騙して


UNFAIR RULEの歌詞ランキング

UNFAIR RULEの歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

最新人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2024 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.