海蔵亮太「虎」歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 海蔵亮太 > 虎

虎 / 海蔵亮太

「虎」歌詞

歌手:海蔵亮太
作詞:佐藤良成
作曲:佐藤良成


何を見ても何をしても
ぼくの心凍えたまま
外は花が咲いていても
ぼくの庭は冬枯れたまま

どこにいても誰といても
ぼくの時計止まったまま
深い深い穴の底で
一人惨めにいじけている

人の胸に届くような
そんな歌がつくれたら

だめだだめだ今日はやめだ
メロディひとつできやしない
酒だ酒だ同じことさ
昼間からつぶれて眠る

何を見ても何をしても
虚ろな目は死んだ魚
吐き出されたことばたちが
部屋中溢れて腐っている

人の胸に残るような
そんな歌がつくれたら

負けた負けた今日も負けだ
光ることば見つからない
酒だ酒だ飲んでしまえ
虎にもなれずに溺れる


海蔵亮太の歌詞ランキング

1 夢の途中(セーラー服と機関銃)さよならは 別れの言葉じゃなくて
2 ひとり「愛してる」って最近 言わなくなったのは
3何を見ても何をしても ぼくの心凍えたまま
4 僕が死のうと思ったのは僕が死のうと思ったのは ウミネコが桟橋で鳴いたから
5 楽園満たされた時間の中で僕らは何が出来るだろう
6 mementoいつの日も どんな時も ただ優しく見守ってくれた事
7 四つ葉のクローバーあげるよと言って 差し出した君の 指先風に震える
8 愛燦燦雨 潸々(さんさん)と この身に落ちて
9 アンバランスなKissをして割れた鏡の中 映る君の姿 泣いている 泣いている
10 青空ブラウン管の向う側 カッコつけた騎兵隊が
海蔵亮太の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ
iTunes

最新人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2024 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.