宮下遊「ブラックローズ」歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

ホーム > 宮下遊 > ブラックローズ 歌詞

ブラックローズ / 宮下遊
amazon検索

「ブラックローズ」歌詞

歌手:宮下遊
作詞:きっと、ずっと、ぼっち。
作曲:きっと、ずっと、ぼっち。

昏く々と塗り固めた部屋で独り言並べた
「いつかこんな時も止まるのかな。」
緩やかに揺れる世界の息の根を

止めた止めた止めたって
語るのは心の象で 白く形を遺して
鮮やかに咲いている花だけが見てた
ブラックローズ

部屋出る君思想犯 ここは年中無休の遊園地(ランド)
メリーゴーランド回る 揺れる横顔に
夢 希望 託して崩れてく今
「なんで?」
訪れぬ人待ってしまった

離れ離れの色を合わせて濁る色彩
このまま去って舞って追って散った
花の行方

黒く々 咲いた花が 悴(かじ)く手足 揺れる瞳
強く々 息を吸って抗う
映る濡羽のコントラスト
そう貴方は全て持った ないものねだりのネクロマンサー

言刃一つゲロった 貴方干渉せんと看過して
突き返す視線流して 虚無を抱(いだ)いた
揺り返した籠の中身は 空々殻々(からからからから)
音も無く壊れだす 誰かが来る
ザッザッザッと知らない足音扉の前で闊歩して
このまま相対(あいたい)する時間を砂で流して
「空(から)の方が私ね。ひっくり返さないで。」
砂の中の貴方が愛おしい

黒く枯れた薔薇が貴方みたい
昏く閉じた部屋が私みたい
黒く枯れた薔薇が貴方みたい
離れ離れの二人交わらない
触れた痛みだけ そっと私、抱(だ)いた

黒く々 咲いた花が 悴く手足 揺れる瞳
強く々 息を吸って抗う
映る濡羽 コントラスト あまりに綺麗で
昏く々 模した部屋で 貴方独り 開く扉の先
見つめている
もう会えない、と横顔が閉ざした

Fin.


アルバム「白雨の下」収録曲


宮下遊の歌詞ランキング

宮下遊の楽曲一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

リアルタイムランキング(14:35更新)

1 革命デュアリズム水樹奈々×T.M.Revolution
伝説の朝に 誓った言葉 分かち合...
2 beataiko
明日の時間を誤魔化して書いた手...
3 サンハーラ〜聖なる力〜林原めぐみ
ただ一人 さ迷った 遠い日々 今...
4 いっぽんの松千昌夫
波がさらった 七万本の 陸前高田...
5 かかし童謡
山田の中の 一本足のかかし 天気...
すべて見る▶

最新人気歌詞

ホーム新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2024 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.