マルシィ「凪」歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > マルシィ > 凪

凪 / マルシィ

「凪」歌詞

歌手:マルシィ
作詞:吉田右京
作曲:吉田右京


君と僕とのダイジェスト
追いかけっこのような恋の始まりだった
懐かしいな
駅の側のドーナツと虹色の傘と
記憶に残る思い出が一つ二つと増えていった

今更思い返してみたところで
君はいないままだ

側にいた時に気づけなかった
2人じゃないとダメだったんだ
馬鹿ねって笑って戻って来てくれないかな

側に君がいるだけでいいから
ちゃんと大人にだってなるからさ
帰りには君の好きなもの買って帰るから
帰ってきて
やり直せないかな

曖昧な日々過ごす中で
色は滲んでいく
君は綺麗になっていく
遠くなってしまうみたいだ

心の底の引き出しに仕舞えないほどに
君を思ってしまうな

側にいた時に気づけなかった
2人じゃないとダメだったんだ
世界の中心にいた君が見当たらなくてさ

側に
側にいた時に気づけていたら
恋人のままでいられたかな
馬鹿みたいに悲しくなることもなかったのかな

この先君はまた誰かと恋をして
その誰かと笑い合ってしまうんだ
とてもじゃないけど見ていられないや
帰ってきてなんて言わないよ
ちゃんと大人になるからさ


アルバム「Candle」収録曲


マルシィの歌詞ランキング

マルシィの歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ
iTunes

最新人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2024 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.