Bigfumi「Giant Killing」歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

ホーム > Bigfumi > Giant Killing 歌詞

Giant Killing / Bigfumi
amazon検索

「Giant Killing」歌詞

歌手:Bigfumi
作詞:Bigfumi
作曲:Bigfumi


幼き頃に見たジャイアントキリング
胸に焼き付くように夢へと変わってた

泥だらけになって走った
あの頃の少年がそこで僕を見ている

時折心を濡らす雨や凍てつく雪もふる
震えた手「思い」で溶かしていく

突きつけられる社会と現実
いつしか弱気になって挑むことをおそれてる

時折 心がすり減って歪な形だとしても
その度に思い出と化してゆく

今僕を突き動かすものなんのために走ってるんだ
自分にはもう負けたくない

肩で息をしていたって膝に両手を手をついていたって
進むことを諦めない最後には笑っていたいから

夢を見る少年は今を生きる
いつしか大人になって迷うことも増えてく

丸めて押し込んだ心手でひたすら伸ばして
なんとか生きていく

時折心の奥の方から助けてと叫ぶ声がする
その度に重い腕伸ばしてゆく

時折心を動かすほどの幸せが訪れる
その度に人はまた歩み出せる

今僕を突き動かすものなんのために走っているんだ
自分にはもう負けたくない

肩で息をしていたって膝に両手をついていたって
走ることを諦めない最後に笑っていたいから

最後には笑っているんだ


アルバム「Bigfumi 1」収録曲


Bigfumiの歌詞ランキング

Bigfumiの楽曲一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ
iTunes

リアルタイムランキング(13:05更新)

1 forget-me-not 〜ワスレナグサ〜FLOWER
2 Close to youELAIZA
3 折り鶴女王蜂
4 あいまいRADWIMPS
5 ブルーバードいきものがかり
すべて見る▶
ホーム新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2024 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.