WANDS「空へ向かう木のように」歌詞

歌詞ナビ
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

ホーム > WANDS > 空へ向かう木のように 歌詞

空へ向かう木のように / WANDS
amazon検索

「空へ向かう木のように」歌詞

歌手:WANDS
作詞:上原大史
作曲:柴崎浩


乾いた心に 水をやりながら
色を枯らした 裸の枝が凍みる

見慣れた街並みを ほのかに彩る
揺らぐ陽だまりに 手を伸ばす

いつかは 誰かの為に生きたいと
頼りない未来に 期待を膨らませれば

無骨な記憶を手繰り寄せながら
ちっぽけだったと笑う日は訪れよう

時に風が葉を枯らしても 凌ぐ涙溢れ出しても
ただゆっくりと 焦らずに伸びる
空へ向かう木のように

また一つ また一つ 静かに舞い散る
忙しない時代に 力尽きた欠片

黄金(こがね)の絨毯が 一面彩る
いつか落とした葉が 明日を照らすだろう

時に空が見放しても 凍える世が訪れても
ただゆっくりと 焦らずに伸びる
空へ向かう木のように

時に風が葉を枯らしても 凌ぐ涙溢れ出しても
ただゆっくりと 焦らずに伸びる
空へ向かう木のように


アルバム「Version 5.0」収録曲


WANDSの歌詞ランキング

WANDSの歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ
iTunes

リアルタイムランキング(9:32更新)

1 かなりや童謡
2 打上花火DAOKO × 米津玄師
3 まりと とのさま童謡
4 青と夏Mrs. GREEN APPLE
5 ジュブナイラー超特急
すべて見る▶
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2024 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.