近藤真彦「青春」歌詞

歌詞ナビ
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

ホーム > 近藤真彦 > 青春 歌詞

「青春」歌詞

歌手:近藤真彦
作詞:高橋研
作曲:高橋研

古いジャズの店で 待ちあわせたものさ
俺の瞳(め)が好きだと 言ってくれた女性(ひと)
愛に背を向けたい そんなあの頃だった
さよならの重さを 知らなかったのさ

錆びたナイフだね 青春てヤツは
ぶつけ場所のない 悲しいエネルギー
ろくでなしだったよ チンピラのようだった
夢だけを食べて 生きてたころ

遠い街に帰る その日を知りながら
飲んだくれていたよ 気づかぬふりでね
ランボーが好きだった そのやさしさは今
誰かの胸にそっと あずけてるのでしょう

折れたナイフだね 青春てヤツは
使うあてのない 激しいエネルギー
あてどなしだったよ 野良犬のようだった
愛さえもしらず 生きてたころ

錆びたナイフだね 青春てヤツは
ぶつけ場所のない 悲しいエネルギー
ろくでなしだったよ チンピラのようだった
夢だけを食べて 生きてたころ


アルバム「MATCHY BEST」収録曲


近藤真彦の歌詞ランキング

近藤真彦の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ
amazon検索

リアルタイムランキング(10:19更新)

1 Kicyu横山裕/安田章大(関ジャニ∞)
2 BREAK未完成モノローグ
3 Separationangela
4 村まつり童謡
5 小馬童謡
すべて見る▶
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2024 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.