結城佑莉「ごくらくとんぼ」歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

ホーム > 結城佑莉 > ごくらくとんぼ 歌詞

ごくらくとんぼ / 結城佑莉
amazon検索

「ごくらくとんぼ」歌詞

歌手:結城佑莉
作詞:結城佑莉
作曲:結城佑莉

しばらく続いた雨が止んだ
知らないうちに紫陽花がぜんぶ落ちた
あたし少し悲しくなりましたが
あなたと別々になる時も
たぶんこんな感じなのかもしれないな
そんなことをふと思いました

七月初旬 鈍色の雲
路地を撫ぜる空洞な音
たぶんこの風は青銅でできている

愛ひとつ解らないんだ
あの日から月は逆さまなんだ
だから仕方ないじゃないか

涙も流れないように
にらめっこでもしていようぜ
ひっつくほど近くで
あなたを睨めつけたい
拘ったところでどうせ
何ひとつも残りはしないぜ
だからあなたをせめて
覚えていたいんだ

しばらく続いた雨が止んだ
湿る街路 がらんどう 愛を拾った
あたし少し楽になりましたが
あなたとひとつになる意味も
所詮そんな感じなのかもしれないな
そんなことをふと思いました

七月は夕暮 ふたり歩いた
あなたは露草と並んでいた
どちらが本当か少し迷った

愛ひとつ解らないんだ
いつか太陽は燃え尽きるんだ
そしたら長い夜を
ふたりで飲み干すのさ

ただ広い荒野の中で
かくれんぼでもしていようぜ
決して疑えないくらい
あなたを確かめたい
拘ったところでどうせ
なにひとつも残りはしないぜ
だけど決して消えない
理由があったんだ

しばらく続いた雨が止んだ
知らないうちに紫陽花がぜんぶ落ちた
あたし少し悲しくなりましたが
あなたと別々になる時も
たぶんこんな感じなのかもしれないな

しばらく続いた雨が止んだ
花惜しむ僕をあなたはふっと笑った
そんなもの来年どうせまた咲くから
あなたの笑顔に触れて僕は
これすら思い出と消えるかもしれないな
そんなことをふと思って
あなたの目をただ見ていました


アルバム「MILLE FEUILLE」収録曲


結城佑莉の歌詞ランキング

結城佑莉の楽曲一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

リアルタイムランキング(12:13更新)

1 紅花の宿水田竜子
2 おさかな天国柴矢裕美
3 行き先おと.
4 WANNA be BRILLIANTUVERworld
5 長く短い祭椎名林檎
すべて見る▶
ホーム新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2024 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.