高橋瞳「孤独な群衆」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 高橋瞳 > 孤独な群衆 歌詞

「孤独な群衆」歌詞

歌手:高橋瞳
作詞:Hitomi Takahashi・mavie
作曲:Katsuhiko Kurosu


嘘を見抜くように 雨が急に激しく落ちる
自分守るための傘壊すように
 
街を行き交う人はいつでもどこか寂しい笑顔
着飾ってても孤独隠せずに生きてく
 
誰か聴いて どうか届いてと願い 叫び続けて
掠れてく声 強く小さく 雨音が掻き消してゆく
 
笑いたくないのに笑ってみせるたびにいつも
心の内側がまた錆びてしまう
 
信じられると言い切れる人一体何人いるの?
自分のこともわからないけれどそれでも
 
空を探し 誰も知らない夢みて ここにいること
人混みの中 消える前に 本当は見つけて欲しい
 
誰か聴いて どうか届いてと願い 叫び続けて
掠れてく声 強く小さく 雨音が掻き消してゆく

アルバム「sympathy」収録曲


高橋瞳の人気ランキング

高橋瞳の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.