イヤホンズ「トメハネハラウ」歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

ホーム > イヤホンズ > トメハネハラウ 歌詞

トメハネハラウ / イヤホンズ
amazon検索

「トメハネハラウ」歌詞

歌手:イヤホンズ
作詞:アフロ
作曲:アフロ・井上典政

「好きな人に好かれなきゃ どれだけ告白されたって意味がないよ」
なんて 言っていた君にとっては恐らく
これは意味のない告白になるでしょう
玉砕覚悟のこの恋文を
勇気と呼ぶのには余りに無理がある
ダメで元々 なんてのはこっちの都合
突き放す方のが力がいるでしょう?
君は涙を浮かべ 胸を痛め
踏ん切りが つくのはこちらだけ
わかってながらもこんな手紙をかいているのは僕が弱い人間だからです
一人じゃどうにも諦めきれないから
罪なき君を巻き込んでしまうのだ
愚かで 惨めで 情けない
自分勝手な僕を許して

この恋を「止めて」ままならず「跳ねて」
僕の手「払って」泣いてる君想う
謝るのは本当はこっちの方 でも
ごめんなさいを下さい

共に見上げるビルスカイツリー
言問通り 隅田川沿い あなたに
注ぐ灯りが頬に乗り ファンデーション
真っ白な肌に施す月化粧
帰る場所がちがっても今だけは
同じ景色眺め 同じ味の飴を舐めてる
それだけの事で 心なだめ肩並べ
笑い合えてた友として
しかし 込み上がる愛は全身をかけめぐり
ラブレターの二足歩行へと成り果てた 僕は
思い切って デコに切手 はっ付けて
赤ポストへの突入を試みます
地元も 仕事も 全部 全部 投げ捨て
体一つ この心一つ だけを以って
この想いよ 届け 届け
それが昨日見た夢

この恋を「とめて」ままならず「跳ねて」
僕の手「払って」泣いてる君想う
謝るのは本当はこっちの方 でも
ごめんなさいを下さい
この恋を「止めて」ままならず「跳ねて」
僕の手「払って」泣いてる君想う
謝るのは 本当はこっちの方だけど
ごめんなさいを下さい

何度も何度も書き直し
その度にくしゃくしゃに丸めかなぐり捨てて 遂に 決死の思いで書き上げたこの一枚が
今まさに手の中にあるこの手紙です
なのに それなのに 夜明けを迎えカーテンの隙間から差し込んだ朝日が
本当のことを洗いざらい全部
晒して 暴き出してしまった
目に映るのは打ち捨てられて床に散らばって丸まった数多のラブレター
その残骸を 見て つくづく思う
これが これこそが 僕そのものです
まとまりきらぬ 拙い文字の羅列
その挙句 背中を丸め蹲る紙屑
なんとも皮肉 だが何故か愛しく
となると この手紙も 同じ運命です

この恋を「止めて」ままならず「跳ねて」
僕の手「払って」泣いてる君想う
謝るのは本当はこっちの方 でも
ごめんなさいを下さい
この恋を「止めて」ままならず「跳ねて」
僕の手「払って」泣いてる君想う
謝るのは本当はこっちの方だけど
ごめんなさいを下さい


イヤホンズの歌詞ランキング

イヤホンズの楽曲一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

リアルタイムランキング(15:14更新)

1 夕焼けとんび三橋美智也
夕焼け空が まっかっか とんびが...
2 星月夜由薫
子供の頃見上げた 夜の空に思っ...
3 夜明けのブルース五木ひろし
このグラス飲みほせば帰ると 言...
4 LOVERAAA
巡り来る季節が今 色付いて染ま...
5 EndrollKing & Prince
こんな静かな夜は 空がさみしく...
すべて見る▶
ホーム新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2024 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.