MAISONdes「ダンボールの色 feat. 4na, もっさ」歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

ホーム > MAISONdes > ダンボールの色 feat. 4na, もっさ 歌詞

ダンボールの色 feat. 4na, もっさ / MAISONdes
amazon検索

「ダンボールの色 feat. 4na, もっさ」歌詞

歌手:MAISONdes
作詞:4na
作曲:4na


軋む夜の間で一つにまとめた夢は
既に違う色にもうなっている
まだ後で使う歯ブラシとか暮らしとか
残るもので思い出していく

何処かしら汚れてるのが
これまた馴染んでみえてしまうようだ
断捨離したって 失くしていったって
本当なんともなかったのに

過ぎ去る季節は何度目なんだ
ここからじゃベランダ越しの音も
青いような長い背伸びをしていたが
荷造りはもう済んだ

軋む夜の間で一つにまとめた夢は
既に違う色にもうなっている
まだ後で使う歯ブラシとか暮らしとか
残るもので思い出していく

ハンパな者でおとなになった
片っぽのくつ下や
ハンパな物であふれていった
あの日の未練とか
ハンパな様でちゃんともしてた
のは今日になって
気付かされてしまったみたいね
住もう済まそうの今日になって

軋む夜の間で一つにまとめた夢は
既に違う色にもうなっている
まだ後で使う歯ブラシとか暮らしとか
残るもので日々思い出している

いつか思い出せない事が増えていくんだ
その度ぼくらは彷徨ってしまうけど
狭い部屋できっと過ごした数だけ
歩めるはず

沈む月の上でいくつにも広がる空は
既に違う色にもうなっている
まだ慣れてもいない外観とか時間とか
待ってるもので日々思い馳せている

あ、今ね
少し大人になった気がしたよ
六畳半に投影した過去も、これからも
全部、全部ダンボールに詰め切って
ぼくらは進む

ってわけで
さよなら Bye マイルーム

(軋む夜の間で)
(沈む月の上で)

(軋む夜の間で)
(沈む月の上で)


MAISONdesの歌詞ランキング

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
MAISONdesの楽曲一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ
iTunes

リアルタイムランキング(11:49更新)

1 お山の杉の子童謡
昔 昔 その昔 椎(しい)の木林の...
2 Message福山雅治
ねえ 不思議だよ こんなことある...
3 だいこくさま童謡
おおきな袋を 肩にかけ だいこく...
4 Miss You今井美樹
夢のような気持ちになる 愛しさ...
5 ChampionsKaneee, Kohjiya & Yvng Patra
まだ踊り足りないよ 俺達を照ら...
すべて見る▶

最新人気歌詞

ホーム新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2024 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.