みゆはん「真夏の陽が刺した」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > みゆはん > 真夏の陽が刺した 歌詞

真夏の陽が刺した / みゆはん

「真夏の陽が刺した」歌詞

歌手:みゆはん
作詞:みゆはん
作曲:みゆはん

影が僕を追い越す頃
そこかしこで蝉は笑う
首をたれて夜を待つ
誰もいない静夜を待つ

視線溢れた街の中
時煌く明星なら
暗闇を全て仕えて
高く聳え皆を照らす

このまま遠くへふわり消えても
そのまま構わず世界は回る
期待外れの僕だけ置いて
季節を超えよと夏は終わる

無力に嘆く僕を見て
嘲笑うように風は吹く
眠れないまま朝が来る
眩しすぎる朝日が来る

このまま変われない僕は嫌だと
欲しかった生きた証を探す
期待外れな形であれど
不確かを確かに変えたくて
期待外れの僕が笑って
少しずつ晴れた空を見られるように

真夏の陽が刺した


みゆはんの人気歌詞ランキング

みゆはんの歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

みゆはんの新着歌詞

真夏の陽が刺した
みゆはん

最新人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2023 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.