童謡「まりと とのさま」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 童謡 > まりと とのさま 歌詞

「まりと とのさま」歌詞

歌手:童謡
作詞:西條八十
作曲:中山晋平

てんてんてんまり てん手まり
てんてんてまりの 手がそれて
どこからどこまで とんでった
垣根をこえて 屋根こえて
おもての通りへ とんでった とんでった

おもての行列 なんじゃいな
紀州(きしゅう)の殿さま お国入り
金紋(きんもん) 先箱(さきばこ) 供(とも)ぞろい
お駕籠(かご)のそばには ひげやっこ
毛槍(けやり)をふりふり ヤッコラサの ヤッコラサ

てんてん手まりは てんころり
はずんでおかごの 屋根のうえ
もしもし紀州の お殿さま
あなたのお国の みかん山
わたしに見させて くださいな くださいな

お駕籠はゆきます 東海道(とうかいどう)
東海道は 松並木(まつなみき)
とまりとまりで 日がくれて
一年たっても もどりゃせぬ
三年たっても もどりゃせぬ もどりゃせぬ

てんてん手まりは 殿さまに
だかれてはるばる 旅をして
紀州はよい国 日の光り
山のみかんに なったげな
赤いみかんに なったげな なったげな


童謡の人気ランキング

童謡の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

最新人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2023 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.