関ジャニ∞「青春FIREWORKS」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 関ジャニ∞ > 青春FIREWORKS 歌詞

青春FIREWORKS / 関ジャニ∞
Amazonで見る

「青春FIREWORKS」歌詞

歌手:関ジャニ∞
作詞:古川貴浩
作曲:古川貴浩

遠い空に打ち上げ花火
咲いて散ってまた咲いて
青春飛行してる僕らを
誇らしく照らし出せ
 
日が沈み朝が来るだけで
何かが変わるわけじゃない
それなのにいつの頃からか
大人と呼ばれている
 
歪なままじゃいられない
それくらい分かっていますよ
青臭くてもいいだろ
笑い合いたい誰かがいるなら
 
遠い空に打ち上げ花火
咲いて散ってまた咲いて
青春飛行してる僕らを
誇らしく照らし出せ
 
君が隣ではしゃいでいた
それだけで良かった(輝いていた)
それぞれ道が違っても
同じ空に焼き付いてる
花を思い出すきっと
 
立ち止まることも出来なくて
変わりゆく未来だろうと
青春の色に染まっていた
その笑顔いつまでも忘れない
 
遠い空に打ち上げ花火
咲いて散ってまた咲いて
サヨナラの先でまた僕らを
結ぶ絆になって
この空を染め上げて
LaLaLa...
 
この空を染め上げて

関ジャニ∞の人気ランキング

関ジャニ∞の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.