首振りDolls「中央線」歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

ホーム > 首振りDolls > 中央線 歌詞

中央線 / 首振りDolls
amazon検索

「中央線」歌詞

歌手:首振りDolls
作詞:ジョニー・ダイアモンド
作曲:ジョニー・ダイアモンド

行き先が どこであろうと
振り返りなんてしなかった
光の差すほうが間違っちゃいないなんて
考えこむのが嫌になる
たまに見える流れ星が眩しくて
改札口で別れ際の言葉思い出す

あの電車に乗り込む君を追いかけたい 何もかも忘れる勇気が足りないだけ
中央線は走ってく君を乗せたままで 雨を切り裂いて

旅人は誇らしげで
すれ違ってく疲れた顔を歌う
何気なく通り過ぎてゆく毎日に
名前がついたら意味もなく笑ってしまうだろ?

悲しくて悔しくて君は優し過ぎた もう一度会いたくて気まぐれな冬だった
中央線は加速する君を乗せたままで 雨を切り裂いて

レコードの真ん中に立って 針を落とされた気分だ
勝手に回るこの街がわからなくなる

あの電車に乗り込む君を追いかけたい
何もかも 忘れる勇気が足りないだけ
悲しくて悔しくて君は優し過ぎた
もう一度会いたくて気まぐれな冬だった
中央線は加速する君を乗せたままで
雨を切り裂いて


アルバム「DOLL!DOLL!DOLL!」収録曲


首振りDollsの歌詞ランキング

首振りDollsの歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

リアルタイムランキング(14:29更新)

1 愚か者たちGLIM SPANKY
2 子鹿のバンビ童謡
3 iNumber_i
4 タンパクスィッツあげるよジュースごくごく倶楽部
5 さんぽ井上あずみ、杉並児童合唱団
すべて見る▶

最新人気歌詞

ホーム新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2024 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.