宮下遊「Ayka」歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

ホーム > 宮下遊 > Ayka 歌詞

Ayka / 宮下遊
amazon検索

「Ayka」歌詞

歌手:宮下遊
作詞:宮下遊
作曲:宮下遊


今日が終わるのが嬉しくて 助けるふりして言っていた
「独りにならないで」 私はまた嘘を吐いた

笑えてるかわからない 私にだけ打ち明けた
だって明日は来なかった あれは何時の写真だろう

誰も私なんて見ないまま 泣いてるの
笑顔のうらで

雪のように死にたい 今すぐに
愛される前の 秘密を暴いてゆく 嗚呼
誰の墓標だろう
悲しむのも最後にしようと さあ

《君は死んだからね 花びらのように 本当に夢はないの》

鍵はいらない 彗星がまた消えてく
何処へ行くのかな

捨て去って 自分ごと もう
愛さないで 不器用に解くだけ

《声は 届かない 涙 隠し事だけ》

今日が続くのが怖かった 何でもないふりして言っていた
零れていくなんて まだ思い出は還らないの

そらの色が混ざってく もう死んでいるような気がした
命ばかり灯すのなら 何度でも殺されよう

ただ誰もが生きているから嫌いで
今更さ 邪魔だった躯なんて
ひとつ 命を撃ちぬいた覚悟に
ありがとうと さようならを

雪のように死ぬの 怖くない
エンドロールの前に 私を終わらせよう ほら
嘘に意味はあった
結末を知らずにいようと ただ

《君は死んだからね 花びらのように 蜩の声は綺麗で》

心を削る 知りたくもない後日譚
みんな同じだった

捨て去って 自分ごと もう
見做さないで 不可解に躓いた

《白に意味があるの 夢はもう忘れていた》

傷跡を残した 辿らないようにそっと
歩き続けて 終りは希望をくれたんだ
枯れた花びらのように 生きた証もないのに

雪のように死ぬよ つらいから
眠ろう 静かに
羽ばたいた鳥は 一人だけの墓標だろう

私は確かに生きてた でも
《花束に混ぜた秘密》

紫陽花の咲く 季節の前に消えるの
見つけた扉は

捨てられない 痛みだけが
花びらのように 積み重なる
記憶は何処へ行くの アイカ
今日を忘れないで 生きて

《愛の花があった 誰の心だろう
記憶を連れて行くよ カヤ
明日を望まないで 死んで》


アルバム「見つけた扉は」収録曲


宮下遊の歌詞ランキング

宮下遊の楽曲一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ
iTunes

リアルタイムランキング(12:51更新)

1 おさかな天国柴矢裕美
2 かなりや童謡
3 鉄鼠の黶陰陽座
4 WishHappiness
5 Begin東方神起
すべて見る▶
ホーム新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2024 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.