宮下遊「麒麟が死ぬ迄」歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

ホーム > 宮下遊 > 麒麟が死ぬ迄 歌詞

麒麟が死ぬ迄 / 宮下遊
amazon検索

「麒麟が死ぬ迄」歌詞

歌手:宮下遊
作詞:ツミキ
作曲:ツミキ


天上天下と三十六度と図体とこの感情と
疑心暗鬼と劣等感と狂った性と
革命前夜とハッピーエンドと
エトセトラのそれだけであたしは
月光色(げっこうしょく)に染め成(な)されていたのだ

それは小さな夜にて睫毛(まつげ)が開花する一瞬に起こす事象
如何(どう)やらはじめから答は決まっていたのだ
返したい借り物の身体(しんたい)曇天と海が借り合っている様に
愛したいあなたの実態海馬に絡まる涙さえ
アンタッチアヴル何も出来ないくせに愛に縋(すが)っている
インポッシヴル踊りましょう正体を明かす迄

爆薬が足りない一切合切あたしを撃てもっと
論理や思想を蝕(むしば)むおまじない
一二三四五(ワンツースリーフォーファイブ)心臓がうたう感覚を奪うように
うつくしいあたしの麒麟が死ぬ迄

包まっては溶かす呪術にてやおら息の沈む一生に見做(みな)す理想
然しまたはじめから蹉跌(さてつ)は決まっていたのだ
嗚呼失態永遠の失敗
掌(てのひら)の上で転がっているように
愛したいあなたの現在
耽美(たんび)に滴る涙さえ
アンタッチアヴルずっと識らないくせに愛に縋っている
インポッシヴル踊りましょう正体を明かす迄

爆薬が足りない一切合切あたしを撃てもっと
幸福や希望を蝕(むしば)むおまじない
一二三四五(ワンツースリーフォーファイブ)心臓がうたう感覚を奪うように
うつくしいあたしの麒麟が死ぬ迄

爆薬が足りない一切合切あたしを撃てもっと
論理や思想を蝕(むしば)むおまじない
一二三四五(ワンツースリーフォーファイブ)心臓がうたう感覚を奪うように
うつくしいあたしの麒麟がそれを喰らっていのちを欠いてカラフルに砕けようとも
手を汚してあたしの才でばらばらに暴く夜が視たい


アルバム「見つけた扉は」収録曲


宮下遊の歌詞ランキング

宮下遊の楽曲一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ
iTunes

リアルタイムランキング(19:11更新)

1 To SurviveRisky Melody
優しさだけじゃ前に進めない 傷...
2 バナナシェイクMotoki
バナナ バナナ バナナ バナナシ...
3 Love is Beautiful with Ginger RootRei
お気に入りの Brand New Car 雨...
4 魔法のようにSHISHAMO
まだまだ残ってるのに 新しい香...
5 余呉の雨島津悦子
恋にはぐれた 女が流す 涙の雨が...
すべて見る▶

最新人気歌詞

ホーム新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2024 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.