花澤香菜「青い夜だけの」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 花澤香菜 > 青い夜だけの 歌詞

青い夜だけの / 花澤香菜
Amazonで見る

「青い夜だけの」歌詞

歌手:花澤香菜
作詞:宮川弾
作曲:宮川弾


説明なんてさ、もう やめて
流されてみて
深い、ゆるいほうへ
 
すくいあげたいよ 感情
小数点以下こそ
大切なのかもしれないね
 
青い夜だけの もの だとしても
それでも ぼんやり ひかるよ
少しだけ ねえ、
両手はふさがってる この しじま
 
あふれそう こぼれそう
あなたをただ 困らせて
見つめていたい 流動体
さわってみたのなら ほら
揺れるから
 
孤独は怖くないと
思っていたけど
もう違うのかも
 
厄介なのはいつも 自分
言葉みたいなもの
ほしい時もあるよ、何故か
 
それでも空っぽの 奇跡と偶然を
待ってるだけじゃないから
 
抱きしめて
ふたり
身を寄せ合わないと通れない扉
 
あふれそう こぼれそう
あなたはまだ 戸惑うの
二文字のさき ふれていたい
まざりあって その こころ
溶かすまで

アルバム「blossom」収録曲


花澤香菜の人気ランキング

花澤香菜の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.