Sound Schedule「甘い夜」の歌詞

歌詞ナビ
TOPページ 歌詞検索 ランキング 歌手名目次

ホーム > Sound Schedule > 甘い夜

Sound Schedule「甘い夜」のジャケット画像

甘い夜

歌手:Sound Schedule
作詞:大石昌良
作曲:大石昌良

僕らは甘い夜を越え
それを恋と呼び合う

いつぶりだろう こんな気持ち
忘れかけていたよな
君の小さな手のひらを
照れながら握ってる

そしてまた ひとつ ひとつ
消えてゆく街灯り
二人だけのためにある
世界になる

巡り逢えたすべてに意味があり
過去に背負った傷も無駄じゃないよ
今 君が目の前にいるだけで
何もかもが報われていく

照れ笑いながら
僕ら 積み上げる 恋心
とりとめのない話で
確かめ合うように

巡り逢えた君とのシナリオに
想いがあふれそうで どうしようもないよ
人を好きになる リアルな気持ち
何もかも思い出してく

幾何学模様の石段の上
少しふざけてみせる君のあと 追いながら
また夜が更ける

巡り逢えたすべてに意味があり
過去に背負った傷も無駄じゃないよ
今 君と迎える朝焼けには
何かが始まる予感と
まだ君を知りたい気持ち

僕らは甘い夜を超え
それを恋と呼び合う

この曲の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、
をコピーしてお使いください。
下記タグを貼り付けてもリンクできます。

Sound Scheduleの人気歌詞

Sound Scheduleの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

関連人気情報

ホーム新着情報検索ランキング歌手名目次ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2020 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.