莉犬「蒼い嗚咽をもう一度」歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

ホーム > 莉犬 > 蒼い嗚咽をもう一度 歌詞

蒼い嗚咽をもう一度 / 莉犬
amazon検索

「蒼い嗚咽をもう一度」歌詞

歌手:莉犬
作詞:Eight
作曲:Eight


永遠のような夢をさまよって軋んだ心では
鈍痛に響く幾多の悲鳴を押し込められない

パッと消える怯弱な愛に縋ってはまた傷になる
きっともしも最後に願うならば、もう一度

吐きそうな量の群青があふれだして
枯れた今日を飲み込んでゆく
東雲の街に揺れる粉雪 誰も私を救えない
あの日見た流星はどこへ消えたの
緩やかに朽ち果てるなら、夜明けなどいらない

永遠のような夢をさまよって歪んだこの眼には
黎明に揺れる今日の蜃気楼が強く焼きついた

あっという間に巣食った幻に沈んではまた癖になる
酸に浮かぶハートが溶ける前に、もう一度

錆びついたこの運命が痛みだして
湿気た愛を蝕んでゆく
継ぎ接ぎの心を縫い合わせて 灯火に縋る白昼夢
あの日見た流星が私にとっての
見つからない最後のピースだとそう信じているだけ

歩き続けて涙枯れても覚めないけど
ただ目の前は蒼くて、まだもう一度、もう一度だけ

吐きそうな量の群青があふれだして
褪せたノームを穿ってゆく
東雲の街に揺れる粉雪 誰も私を笑えない
あの日見た流星はどこへ消えたの
何もかも蒼に染めたなら、答えなどいらない


アルバム「シャッターチャンス!」収録曲


莉犬の歌詞ランキング

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
莉犬の楽曲一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ
iTunes

リアルタイムランキング(15:29更新)

1 My dream girlsNACHERRY
Toot...... 超Cute Touching 超C...
2 月の沙漠童謡
月の砂漠を はるばると 旅のらく...
3 oohAI
何でもないよな仕草と その何で...
4 ビューティフルライフ!OUTLAW
この夜を駆け抜けよう 偶然を掻(...
5 夢みてさめてもアイドールズ!
日が暮れる前に急げ! ドキドキ...
すべて見る▶

最新人気歌詞

ホーム新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2024 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.