川崎鷹也「僕と僕」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 川崎鷹也 > 僕と僕 歌詞

僕と僕 / 川崎鷹也
Amazonで見る

「僕と僕」歌詞

歌手:川崎鷹也
作詞:川崎鷹也
作曲:川崎鷹也


巡り巡るふたつの世界の中で
未だに僕は迷いながらも
いつか振り返って笑えてるのか
選んだ道が正しかったと言えるように

この道は 何度も通ってるはずなのに
何故だろうか なんだかいつもと違ったみたい

あの時選んだのは自分自身で
心の曇り空はなかなか晴れず
後悔を押し殺し涙堪えて
それとは裏腹に夜空は今日も輝いてる

巡り巡るふたつの世界の中で
未だに僕は迷いながらも
いつか振り返って笑えてるのか
選んだ道が正しかったと言えるように

あの頃は 何度も壁にぶつかっていた だけど
それすらも楽しもうとしてた自分に出会う

現実はこうだとか諦めかけた
何かと理由をつけて逃げてばかりだ
心の奥底にはもがきながらも
夜空に輝く星のように 僕も

巡り巡るふたつの世界の果ては
きっとひとつに繋がってるだろう
いつかどちらを選んだとしても
笑える未来が待っていると信じて

巡り巡るふたつの世界の中で
未だに僕は迷いながらも
いつか振り返って胸を張れてるか
選んだ道が正しかったと言えるように
選んだ道が正しかったと言う為に


アルバム「カレンダー」収録曲


川崎鷹也の人気ランキング

川崎鷹也の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

最新人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2023 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.