HKT48「あっけない粉雪」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > HKT48 > あっけない粉雪 歌詞

HKT48「あっけない粉雪」のCDジャケット
Amazonで見る

あっけない粉雪

歌手:

HKT48


作詞:秋元康
作曲:丸山真由子

風が急に冷たくなって
どんよりした雲行きは 天気予報通り
パーカーのフード 被った辺りで
向こうからやって来た君と誰か
 
さりげなく 腕を組んでるのは
Maybe 友達じゃないだろう
天を仰ぎ呟(つぶや)く
白い息が舞ってる
 
粉雪があっけなく 掌(てのひら)で溶けるように
僕の片想いも一瞬だった
愛しさが胸の底に降り積もってしまうより
ドキドキできただけでよかったかもね
 
笑い声が遠ざかってく
一方的な声なんて伝わるわけない
もしも気持ちが届いたとしても
雲間(くもま)から太陽は見えないだろう
 
肩先に静かに留(とど)まる
そう この恋の破片(かけら)たち
人を想う感情
何を語るつもりだ?
 
粉雪はしんしんと 地上まで落ちてくけど
君の足跡さえ消してくれない
思い出ができる前に ただの水になれた分
これから先は一人歩いて行ける
 
何もなかったかのように
それは雨に変わった
 
粉雪があっけなく 掌(てのひら)で溶けるように
僕の片想いも一瞬だった
愛しさが胸の底に降り積もってしまうより
ドキドキできただけでよかったかもね

アルバム「アウトスタンディング」収録曲


HKT48の人気ランキング

HKT48の歌詞一覧を見る▶
この歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

関連人気歌詞

残響散歌 / Aimer
一途 / King Gnu
島より / 工藤静香
My Sweet Girl / Snow Man
Merry-Go-Round / MAN WITH A MISSION
歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.