土岐麻子「Calling」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 土岐麻子 > Calling 歌詞

Calling / 土岐麻子
Amazonで見る

「Calling」歌詞

歌手:土岐麻子
作詞:土岐麻子
作曲:Shin Sakiura

壁に留めた 絵葉書のなか
波しぶき いま動き出し
ベッドをさらってく
絨毯は 白い砂浜 カーテンは南風
退屈な部屋で 寝転び あなたを思う
 
calling you
電話をしようよ 街のざわめきも
なつかしく感じるのよ
あの夏ふたりで ビーチボール見上げた逆光が ときを止めたまま
 
はなればなれの日々に 終わりが来るまでは
あなたがくれた言葉を 抱きしめるから
 
calling you
話をしようよ 隣にいた日は
言えなかったようなことも
また夏がきたら 同じ空を見上げて
止まってた ときが動きだす
 
冷たい風が あなたの街を凍らせ
眠れぬ夜は そばにいるよ
 
calling you
電話をしようよ 声を聞くたびに
なつかしく感じるのよ
あの夏落とした ビーチボール拾って
何度でも 約束をしよう

アルバム「Twilight」収録曲


土岐麻子の人気ランキング

土岐麻子の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.