TAKUI「雪に願いを」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > TAKUI > 雪に願いを 歌詞

「雪に願いを」歌詞

歌手:TAKUI
作詞:中島卓偉
作曲:中島卓偉


雪の絨毯に伸びた並んだ影
止まった噴水に枯れ葉が舞い落ちる
ポケットの中 指で抱き合えば
吐く息は白く冬空に溶けて 粉雪に変わる

ふわり・・・

寒い夜を暖めるから かじかむ手を差し出して欲しい
街灯が照らすベンチに二人 離れたくなくて雪に願いを

冷たい頬にあてた唇が
どんなマフラーより温かさ伝え
ざわめく街を 包み込むように
きみへの想いがこの冬にずっと 降り積もればいい

ふわり・・・

寒い夜を暖めるから かじかむ手を差し出して欲しい
歩道橋の上できみと見上げる 冬の夜空と雪に願いを

迷い込んだ闇で すれ違った見えない時間が二人を遠ざけた
だけど・・・

寒い夜を暖めるから かじかむ手を差し出して欲しい
歩道橋の上できみと見上げる 冬の夜空と雪に願いを
どれだけそばにいてもつのってく寂しさにきみが震えないように
雪に願いを

冬の夜空と雪に願いを・・・


「バリオク!」エンディングテーマ
アルバム「傘をささない君のために」収録曲


TAKUIの人気ランキング

この歌詞のURL

リンク用タグ

最新人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2023 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.