長澤知之「朱夏色」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 長澤知之 > 朱夏色 歌詞

朱夏色 / 長澤知之
Amazonで見る

「朱夏色」歌詞

歌手:長澤知之
作詞:長澤知之
作曲:長澤知之

思い出したくない夜だって越えて今がある
このままでいいわけないけど なんとかすべく明日がある
居酒屋のトイレの格言みたいな曲歌ってこ
一晩中笑って
朝には恥になって
 
恋は朱夏色
僕が見ていたい夢
それは君からすればとても嫌な現実
 
僕の恋は朱夏色
君は青空が好き
だけど僕らはとうに太陽を背にしてる
 
懐古的に歌う十代の永遠なんてしんどくって
なのに全然マイクを離さない君
なおしんどくって
だけど音程もハメも外して はしゃぐ様子見ていて
自分勝手だって思って
それもいいかもって思って
 
また振り返るセピア
その正体はうつろ
君からすればとても嫌な現実
 
僕の恋は朱夏色
いつも見ていたい夢
それはトンネルの向こう
そこで僕らが願う光景
 
思い出したくない夜だって越えて今がある
吐き慣れた喉うるおわせて また喜びに行く
今日はいつもより夕焼けが美々しく光ってる
その喜びを書いて
それ聴いてほしくって
 
恋は朱夏色
僕が見ていたい夢
それは君からすればとても嫌な現実
 
僕の恋は朱夏色
君は青空が好き
だけど僕らはとうに太陽を背にしてる
僕の恋は朱夏色
僕の恋は朱夏色

アルバム「LIVING PRAISE」収録曲


長澤知之の人気ランキング

長澤知之の歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.