SHAKALABBITS「morning」歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > SHAKALABBITS > morning

「morning」歌詞

歌手:SHAKALABBITS
作詞:UKI
作曲:MAH

いつかまた会えるなんて
言えずにただ汽車を待っていた
夜の乾いた風にも
背中を押され泣きそうだ

揺れながら踏み出した
冷たいシートの隅に埋まって

窓のフレームには距離を置いて君が
小さく手を振る姿 やがて人の渦にかき消されてゆく

すれ違うフラッシュが焼きついて
真っ白く時を飲み込んだ
夜の乾いた風音に
乗り継いで耳を傾ける

揺れながら浮かべては消してく
柔らかい場所に目を閉じた

茶色いソファ ギターと寝ころんだ君の
隣に落ち着いて眠る 夢は特別なお話
そのまま君の優しさに頼っていたら
あたしはきっと目覚めなかった

朝がこんなにもキレイで
ありのままを包み込むから
いつかまた会えるなんて
切り立ての髪揺らしてつぶやいた

窓のフレームには色づいた木々と
懐かしい眺めが広がって伸びる
あたたかい風が呼んだメロディの中を
泳いで息を吸い込んで
踏み出した跡 真っすぐに続く
思い出すたび強くなれるよ
君がくれた歌には魔法があるから


アルバム「CRIMSON SQUARE」収録曲


SHAKALABBITSの歌詞ランキング

SHAKALABBITSの歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ
amazon検索

最新人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2024 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.