長澤知之「宙ぶらの歌」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 長澤知之 > 宙ぶらの歌 歌詞

宙ぶらの歌 / 長澤知之
Amazonで見る

「宙ぶらの歌」歌詞

歌手:長澤知之
作詞:長澤知之
作曲:長澤知之


せいじゃくは街のけんそうよりうるさくて
ニュースのむこうの不幸は大きくて
それにくらべわたしのなんか小さくて
どうにか消したいけれど消えなくって
 
午後はなにもしてないよ 午前もそうで
だからっていたまないわけじゃなくって
だけど朝はくるからなんとか起きて
気が遠くなりそうで
ならなくって
 
なんでもないかなしみはどうしたらいいの
わからない
誰の目にもうつるようなものじゃないけど
くるしいのに
 
アクセルもブレーキもない車に乗って
テールライトの列を見ているようで
安心したいだけなのに それすらぜいたくで
だったらなんで生きているのって
なんか
 
なんでもないかなしみはどうしたらいいの
伝わらない
みんなきっと楽しくてかわいいものを
見たいよね
 
きっとそこにわたしはいなくって
だけどほんとはそこにもいたくって
どうにかしたいけれど どうもムリで
灰色のきりの中を歩いて
 
なんでもないかなしみはどうしたらいいの
わからない
誰の目にもうつるようなものじゃないけど
くるしいのに
 
そんなこといいからと窓の向こう
新聞配達のバイクの音
遠く街の向こうでたんたんと
朝を始めようとしているよ
 
そんなこといいからと
そんなこといいからと

アルバム「LIVING PRAISE」収録曲


長澤知之の人気ランキング

長澤知之の歌詞一覧を見る▶

関連動画

この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.