メレ「都会の月は可哀想」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > メレ > 都会の月は可哀想 歌詞

都会の月は可哀想 / メレ
Amazonで見る

「都会の月は可哀想」歌詞

歌手:メレ
作詞:中村伊織
作曲:中村伊織


ずるいよ
冬の決意はこれほど暗く
重いのに
夜はしあわせへと傾く
満ち足りてた“私”は“何者”なのか

見上げれば
私だけしか見てない月が
美しくて
恐ろしく孤独に思う
独り占めにしたいわけではないのに

都会の月は可哀想ね
(それはまるで私みたい、ただそこにいて)
誰もが見向きもしないでしょう
たとえ心が乱れていても
(私は見守られている)

おやすみ


アルバム「Four Seasons」収録曲


メレの人気ランキング

メレの歌詞一覧を見る▶
この歌詞のURL

リンク用タグ

最新人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2023 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.