東京事変「修羅場」の歌詞

歌詞ナビ
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細歌詞検索
スペースでAND検索(部分一致)。曲名・歌手名はよみがな(ひらがな)でも検索可。

歌詞ナビ > 東京事変 > 修羅場 歌詞

修羅場 / 東京事変
Amazonで見る

「修羅場」歌詞

歌手:東京事変
作詞:椎名林檎
作曲:椎名林檎


-短夜(みじかよ)半夏(はんげ)、嘘を眩(くら)むとぞ-
疑うなんて浅ましいです
陽のもと認めたあの腕の白さまで
忘れたら‥凍えずに温まるのか
一層この侭(まま)通わないとて構わない
 
-笠の雪の、自然が災ひや-
黒ばむ前科(まえ)に労働(はたら)きます
揺れては末(おわり)とあの夏の期待を責め
仰いだら‥灰色に誘(いざな)う娑羅双樹(しゃらそうじゅ)
一層この侭繁らないとて厭(いと)わない
 
何方(だれ)かに会えば記憶を奪取(ぬす)まれよう
喉を使えば貴方が零(こぼ)れ出で溢れよう
‥是(これ)以上識(し)りたくなどない
一層この侭眠って居られたら好(い)いのに
 
噫(ああ)! 貴方の首筋が
きっと現在(いま)はもう真っ白く
透き徹って居る

ドラマ「大奥〜華の乱〜」主題歌
アルバム「大人(アダルト)」収録曲


東京事変の人気ランキング

東京事変の歌詞一覧を見る▶

関連動画

この歌詞のURL

リンク用タグ

関連人気歌詞

歌詞ナビ新着情報ランキング詳細歌詞検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2022 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.