SIX LOUNGE「彼女をまってた」の歌詞

歌詞検索サイト「歌詞ナビ」
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細検索

ホーム > SIX LOUNGE > 彼女をまってた 歌詞

SIX LOUNGE「彼女をまってた」の歌詞を収録したCDジャケット画像

彼女をまってた

歌手:SIX LOUNGE
作詞:ナガマツシンタロウ
作曲:ヤマグチユウモリ


砂漠の街でさまよってた
忘れる為の酒なんてもう
やめんだよ、悲しいだけだ
信号機は凍ったまま
とめないでくれ

ひねもすのたり、あてもなく
枯れた球根はまた芽を出す
やめんなよ、悲しいなら
あたらしい花に君の名前を

夜が来るまで、彼女をまってた
今日までずっとそれだけをまってた
君は決まって仕事の愚痴さ
悲しみなんて消えてしまえ

大きく空いた、心の隙間を
僕のすべてで、間に合わせてくれ

夜のとばりで、彼女とふたり
もしもこのまま目がさめなくても
夜のとばりで、僕らはふたり
このままずっと

いつまでも いつまでも
じいさんとばあさんになっても
手をつなごう 冷えるだろう
大丈夫だろう その日まで

アルバム「3」収録曲


「彼女をまってた」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

SIX LOUNGEの人気歌詞

SIX LOUNGEの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索 iTunes
この歌詞をTwitterでつぶやく

最新人気情報

ホーム新着情報ランキング詳細検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2021 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.