まつり & Shinji Aoyama「藍花」の歌詞

歌詞検索サイト「歌詞ナビ」
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細検索

ホーム > まつり & Shinji Aoyama > 藍花 歌詞

まつり & Shinji Aoyama「藍花」の歌詞を収録したCDジャケット画像

藍花

歌手:まつり & Shinji Aoyama
作詞:まつり
作曲:青山慎司

昨日のことのようにふざけ合った日々、
笑い合った時間(とき)を覚えている
いつになっても子供のままでいたいなあ
なんて懐かしい誰かの声が聞こえてくる

少し不安な気持ちと共にとしを重ねて
舞い降りた桜の花に身を委ねる
かけがえの無い僕らの濃すぎた時間を
いつまでも忘れることないよう

僕らまたここから駆け出していこう
みんなそれぞれの道を歩いてゆくんだ
悲しくはないよ
また会える日まで

桜が舞う季節の中で
僕らは今別れを告げる
大人になっても何一つ
変わらないでいるのだろうか。

過ぎてしまえば一瞬だったあの日々
僕らの青春は終わらない

僕らまたここから駆け出していこう
みんなそれぞれの道を歩いてゆくんだ
寂しくはないよ

僕らまたここから駆け出していこう
みんなそれぞれの道を
歩いてゆくんだ
悲しくはないよ
僕らまたここから駆け出していこう
みんなそれぞれの道を
歩いてゆくんだ
悲しくはないよ
また会える日まで
また、ここで会おう

「藍花」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

まつり & Shinji Aoyamaの人気歌詞

1 藍花NEW
2 春風NEW

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく
Hanamari(はなまり)

最新人気情報

ホーム新着情報ランキング詳細検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2021 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.