あぶらこぶ「儚砂」の歌詞

歌詞検索サイト「歌詞ナビ」
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細検索

ホーム > あぶらこぶ > 儚砂 歌詞

あぶらこぶ「儚砂」の歌詞を収録したCDジャケット画像

儚砂

歌手:あぶらこぶ
作詞:あぶらこぶ
作曲:あぶらこぶ

絡まった糸が解けるのは難しい
絡まるその一瞬は簡単なのにね
ちぎれないように守れば危なっかしい
ちぎれてしまえと思うほど頑丈なの

頭の中でスポットライトが
照らす言葉を探すけど
持ち合わせたやつじゃこの気持ちは
外に出られないな
儚いな

白い花に 色のついた雨を
一人も二人 思い出に浸るよ

僕は君の溜息になってしまったよ
簡単な事で悩んで起こしたアクションで
いつか取り戻せる日が来たらいいな
砂埃立てて去っていくようで
情けないな

喜びは悲しみを遥か上回り
その法則を利用していつまでも
朝になって忘れてしまえばいい
憶えてるような事は糧になるしさ

聴いた音楽からヒントや答えは
見つからないし悲しくなるだけ
明日が来れば確実に変わるさ
変わりのない日々なんてないから

思い出すたび 肩が落ちるよ
深い眠りは 何処かへ逃げるよ

僕は君の溜息になってしまったよ
自分本位だったのかもしれない
認めたくないよ
いつか笑い話になってくれるかな
砂埃立てて去っていくようで
情けないな

(空までが虚言いう そこまでがワンシーン)

黒い宝石に 月が映るよ
季節のように 変わる心よ

僕は君の溜息になってしまったよ
簡単な事で悩んで起こしたアクションで
いつか取り戻せる日が来たらいいな
砂埃立てて去っていくようで
情けないな

アルバム「navel」収録曲


「儚砂」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

あぶらこぶの人気歌詞


このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく
Hanamari(はなまり)

最新人気情報

ホーム新着情報ランキング詳細検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2021 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.