遊助「ばいばい。」の歌詞

歌詞検索サイト「歌詞ナビ」
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細検索

ホーム > 遊助 > ばいばい。 歌詞

遊助「ばいばい。」の歌詞を収録したCDジャケット画像

ばいばい。

歌手:遊助
作詞:遊助
作曲:N.O.B.B

オヤジのダチのバカ息子のダチ
ランドセルぶん投げてダッシュした街
蛇腹のプリントの裏に書いたサイン
あの場所に立ったがお前はもういない
物心ついた頃 気付きゃ隣
兄弟は無し 親父もいない
だから共働きの俺と二人
殴り合ってもまたすぐ笑い合い

クラスの中でも身体がデカい
俺達に歯向かう奴はいない
ある日誰かが言ったどっちが強い
上着脱いでやり合った一勝一敗
帰り道で告げられた ByeBye
ママの都合で引っ越すんだ ByeBye
隣町でも果てないByeBye
泣きじゃくったByeBye

あたりまえだった 日々がなくなった
声が届かなくなった今日でも
心に残った 思い出がまた
空に吸い込まれて歩いてんだ

俺ら離れなぜか電話しなくなったな
新しい親父なんだかんだあったが
上手くやってるってたまに噂聞いたさ
なのに年賀状に映るお前スネてた
中学で会って呼び捨てされて喧嘩
卒業すれば単車またぎ口喧嘩
コンビニでふかすタバコはずっとSevenStars
二十歳の写真が肩組んでボケてら

居酒屋で飲みの勝負勝ってもぅ一杯
腕相撲で負けて悔しがったもぅ一回
未来に夢抱いて笑いながらまた乾杯
いきなり絡んできたヤツによし来んかい
帰り道で告げられて ByeBye
ある日車が突っ込んで ByeBye
オカンからのLINEで知ってByeBye
泣きじゃくって ByeBye

あたりまえだった 日々がなくなった
声が届かなくなった今日でも
心に残った 思い出がまた
空に吸い込まれて歩いてんだ

なんの前触れもなく
お前が姿を消して間もなく
久しぶりに会ったお前のママよう泣く
こよなく愛した肩を抱く
残された俺らただ虚しくて
生かされた俺らただ悔しくて
残された思い出が輝いて
生かされた想いが寂しいだけ

意地も張り合った 共に戦った
喜びや痛みさえ分け合った
空に謝った お前が笑った気がして
晴れ渡る空が滲んで溢れた

あたりまえだった 日々がなくなった
声が届かなくなった今日でも
心に残った 思い出がまた
空に吸い込まれて歩いてんだ

アルバム「For 遊」収録曲


「ばいばい。」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

遊助の人気歌詞

遊助の楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

最新人気情報

ホーム新着情報ランキング詳細検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2021 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.