Tempalay「フクロネズミも考えていた」の歌詞

歌詞検索サイト「歌詞ナビ」
歌詞ナビTOPページ 新着情報 ランキング 詳細検索

ホーム > Tempalay > フクロネズミも考えていた 歌詞

Tempalay「フクロネズミも考えていた」の歌詞を収録したCDジャケット画像

フクロネズミも考えていた

歌手:Tempalay
作詞:AAAMYYY
作曲:John Natsuki

人間という生物はかつて音楽という芸術文明を愉しみ、楽器と呼ばれる道具や肉声を使って旋律を作り出していたとゆう。やがて文明の進歩と人間の退化により、第六感の発達に長けた人類は視力を失い、そうでない人類は嗅覚を失う代わりに聴覚が発達することとなったとゆう。二極化した身体感覚に合わせ、音楽というものはより指向性の強い音波となり、かつて芸術とされていたそれとは別の存在意義を得ることとなったとゆう。

眠る大東京絶滅危惧種と麻雀
狂おしき怒り光る極彩の情景

宇宙まで交信したら
返事が来るのはいつでしょう
地球に生きとし生けるもの
あなたに届けば嬉しい

耳に染み付いちゃう
いつかは忘れちゃう

これからの長くて短い
命を燃やしてゆきます
どうぞひとつまたご贔屓に
相思相愛でよろしく

耳に染み付いちゃう
いつかは忘れちゃう

アルバム「ゴーストアルバム」収録曲


「フクロネズミも考えていた」の歌詞をホームページやブログ等でリンクする場合、

をコピーしてお使いください。

下記タグを貼り付けてもリンクできます。

Tempalayの人気歌詞

Tempalayの楽曲一覧を見る▶

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る
amazon検索
この歌詞をTwitterでつぶやく

最新人気情報

ホーム新着情報ランキング詳細検索ご利用にあたって
著作権法等の理由により、歌詞の印刷・コピー・複製を禁止しております。

JASRAC許諾番号:9008177008Y38026 NexTone許諾番号:ID000003176

Copyright (C) 2005-2021 SANDY NET SYSTEM CO.,LTD. All Rights Reserved.